夜明けの怪人図書館

不定期更新。やっぱり本が好き。

香山滋『ゴジラ』

この旋風、まだ冷めやらぬ…。

 

さて、今回のテーマは去年夏の映画のヒットも記憶に新しい『ゴジラ』の小説版だ。

 

1954年に映画公開され、世界的人気を誇る怪獣映画『ゴジラ』。

去年夏に全国公開された『シン・ゴジラ』は、“怪獣”というデフォルメ化・マスコット化・キャラクター化した現在のゴジラ像を見事に破壊。巨大不明生物は日本中を未体験の恐怖と畏怖で震え上がらせた。

1954年の初代『ゴジラ』の小説は原作者の香山滋によって執筆され、小説自体が何パターンかバリエーションがあるが(小説を原作に映画化したのではなく、映画製作を前提に執筆した為と思われる)、今回は書店等で比較的入手しやすいちくま文庫を紹介する。

 

 

とはいえ、ストーリーやその設定の素晴らしさに関しては、私がここで熱弁するよりDVDをレンタルしてきて一度観てもらった方が早いだろう。ちくま文庫版には、映画二作目『ゴジラの逆襲』の小説も収録されている。

ここでちょっと注意して頂きたいのは、主人公だ。映画では南海サルベージ所長の尾形秀人が主人公だが、小説版では山田新吉が主人公になっている。映画ではチョイ役の新吉の視点で描かれる…というスピンオフ的なワケではなく、尾形と新吉の名前が丸々入れ替わっているようなカンジだ。ストーリーの大きな流れは変わらないが、映画と小説の両方を知っている人は最初、混乱してしまうかもしれない。

 

また、ちくま文庫版には『獣人雪男』の小説も収録。

この作品も、東映製作、香山滋原作、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督ゴジラシリーズとスタッフはほぼ同一なのだが、諸事情でソフト化されていない貴重な作品だ。

 

 

ただ、個人的に面白いと思っているのは同時収録されているエッセイの方だ。香山氏の『ゴジラ』の裏側というか、本音というか、色んなものがポロリしている。

少しだけ紹介すると、香山氏は『ゴジラ』がヒットした事で雑誌編集者から「ゴジラ』みたいなのを書いて下さい」と依頼され、未知の怪物が登場する小説を執筆。結果、二ヶ月病気で寝込んだそうな

 

香山滋氏は本来、冒険小説を得意とする作家。なのに『ゴジラ』がヒットしたら「怪獣作って」。う~ん…。

アニメ業界の、こんな話を小耳に挟んだ。『君の名は。』が流行った時は、スポンサーが「新海誠作品みたいなのを作れ」と言い出したらしい。『けものフレンズ』が低予算ながら大ヒットした際は「あのくらいの低予算で同じくらいのヒット作を作れ」だそうな。

目先の流行に便乗して出資者が「はぁ?」な無理難題を吹っ掛けるのは、いつの頃も変わらないのかなァ…(苦笑)

 

ちなみに、この記事を書くにあたって『香山滋全集』のうちの何冊かに目を通した。

今回参考にした別巻の中に、エッセイの中に記されていた怪獣小説が収録されていた。

マンモスとゴジラを足した『マンモジーラ』、ライオンとゴリラを足した『キング・ゴリオン』、ワニとサイを足した上に電気を放つ『怪獣カリガ』など…。

寝込むまでにストレスを溜めながらこれらを執筆したのだろうか。何というか……お疲れ様でした。

 

 

★今回の一冊

ゴジラ』(2014年 / 筑摩書房

 

★参考文献

香山滋全集 別巻 評論・年譜他』(1997年 / 三一書房